auからmineoへ!比較してみた結果

ドコモとauのネットワークを利用しているMVNOとして有名なmineo(マイネオ)

価格.com満足度ランキングNo.1になるなど、高い人気を誇っています。

ドコモプランauプランが選択可能です。

auと契約されている方が、格安SIMを検討される場合にはSIMロックの必要がないUQmobilemineoのauプランIIJmioのタイプAが真っ先に候補に上がるでしょう。

UQmobileとIIJmioどちらも評価が高いMVNOですが、ここではauユーザーがmineoに乗りかえた場合にどれだけお得になるのかを紹介していきたいと思います。

auとmineoの比較!どちらがベター?

auユーザーで、月にあまり電話をせず、家でWiFiを使用しているため必要となるデータ容量もそれほど多くなくていい方はmineoのAプランが最適となります。

ですが、仕事で電話をガンガンかけるという方や、データを一人で、なおかつWiFi無しでたっぷり使用したいという方にはauプランのほうが最適です。

大多数のauユーザーはmineoにしたほうがお得になります。

では、auからmineoに実際に乗りかえた場合に考えられるメリットとデメリットをみていきましょう!

auからmineoへ乗りかえたときのメリット

auからmineoに乗りかえると実感できるメリットは、なんといっても料金の面です。

auのデータ定額サービスは、データ定額(月1G)が月額2900円、データ定額3(月3G)が月額4200円、データ定額5(月5G)が月5000円、データ定額20(月20G)が月6000円、データ定額30(月30G)が月8000円です。

mineoの場合、音声通話に対応しているデュアルタイプの基本料金が月500Mで1310円、月1Gで1410円、月3Gで1510円、月5Gで2190円、月10Gで3130円です。

1G 、3G 、5G のプランでmineoはauの半分以下の料金を実現していることになります。

mineoのユニークな点は、月々のデータを他のmineoユーザーと分かちあえるところです。

mineoでは余ったデータを繰り越し、その繰り越したデータを家族間で使用するパケットシェアのサービスがあります。

前月余ってしまったデータならシェアできるので、家族間でデータを月々有効活用することができます!

余ったデータは、パケットギフトで他のmineoユーザーにあげることもできます。

さらに、mineoユーザーが全員で集めるフリータンクが存在しています。

mineoユーザーならば、月1G までフリータンクから無料でもらえるわけです。

mineoで複数のSIM契約をすると複数回線割、家族で契約をした場合は家族割が適用され、月額料金がSIMカード1枚につき50円割引きになります。

複数回線割や家族割によって、月額料金がさらにお得になるわけです!

auからmineoへ乗りかえたときのデメリット

auからmineoに乗りかえて、逆に損した!と思ってしまうであろうデメリットはなんでしょう。

通話に関してみると、auは5分以内の国内通話であれば毎回無料のスーパーカケホ(月額1700円)と、国内通話が時間制限なしで無料のカケホ(月額2700円)があります。

仕事などで電話をかけまくりたい方にとっては、まさにうってつけのサービスです。

一方のmineoは、時間制限なしで無料や、5分以内ならば無料のサービスがありません。

通話定額30(月額840円で30分無料)と通話定額60(月額1680円で60分無料)がありますが、それほどお得とはいえません。

IP電話のLalaコールを実質無料で使用することが可能ですが、IP電話ならではの使い勝手の悪さがあります。

通話にこだわりたい!という方にとって、mineoはそれほどおすすめできるわけではありません。

平日のお昼に通信速度が低下してしまうのもウィークポイントです。

ただ、5Gと10Gの利用者であれば2017年3月から開始されるプレミアムコース(月800円追加)で、速度低下に対処できるようになります。

あと、mineoの現在の課題点としてあげられるものは、サポート電話での対応です。

端末がSIMを認識しなくなったときの応対で、苦情の声が出ています。

電話での対応は別会社の派遣スタッフが多いので、どうしてもマニュアル通りの応対になってしまい、想定外の事態への応対が十分にできていないようです。

mineoなどの格安SIMのMVNOは、正式なスタッフの数が多いわけではありません。人件費をかけずに安くSIMを提供している部分もありますので、どうしてもサポート面ではまだ3大キャリアにはおよばない点があります。

まとめ

ここまで、auからmineoに乗りかえた場合の、想定されるメリットとデメリットをみてきました。

電話をそれほどしない家族で使用するのであれば、mineoは非常にお得です!

その月額料金の安さがあるので、デメリット面に目をつぶれる部分があります。

デメリット面がどうしても気になるという方は、他の格安SIMを検討するべきでしょう。

他のau系のMVNOのUQmobileIIjmioのタイプAは、通話に関して優れている部分がありますし、端末のSIMロックを解除するなり、SIMフリーとの端末とSIMカードのセット販売を利用するならドコモ系の格安SIMも考慮に入れることができます。

mineoのデメリットを解消している格安SIMを見つけることができるでしょう。

もちろん、mineoとはまた違ったメリットとデメリットがあるので、それが合わない場合と気にならない場合に分かれてきます。

ご自身の使い方なら、欠点が気にならない格安SIMを選択すればよいのです。

この記事を参考にして、ご自身に最適な格安SIMを探し出してみてください!